BF1(バトルフィールド1)おすすめ推奨PC

Battle Field1(バトルフィールド1)の推奨/必要スペック

BF1の美しいゲームグラフィック

 

EAから発表されたBF1の推奨、必要スペックを確認してみましょう。以下は公式発表のBF1の動作に必要なパソコン構成になります。

 

OS Windows 7 / 8.1 / 10 (64bit)
CPU Intel Core i5-6600K / AMD FX-6350
GPU Geforce GTX660 / Radeon HD 7850
メモリ 8GB
ストレージ 50GBの空き容量

こちらはBF1の動作に必要な最低動作環境となります。グラフィックボードに関して最低でも2GB VRAM性能を持ったパソコンが必要となります。またCPUもCore i5ながら世代の新しいCPUが必要。必要動作環境としてかなりスペックが高いことがわかります。

 

OS Windows 10 (64bit)
CPU Intel Core i7-4790 / AMD FX-8350 Wraith
GPU Geforce GTX1060 / Radeon HD RX480
メモリ 16GB
ストレージ 50GBの空き容量

こちらが推奨動作環境。
かなり高スペックです。グラフィックボードでは最新世代のGTX1060が推奨GPUとされています。GTX900シリーズで言えばGTX980並の性能が推奨に必要となりますね。またCPUもCore i7シリーズが推奨環境となります。ある程度、快適なプレイをするならまさにハイスペックPCが必要となります。

 

さらにメモリも16GBです。
今までは8GBあれば十分と言われてきましたが今後の最新ゲームを考えていくと最低でも16GBメモリが必要になる時代がきそうです。もうゲーミングPCのメモリ8GBの時代は終焉に近づいています。

BF1ベータ時の各GPUによるフレームレートのベンチマーク

BF1のフレームレート表

 

海外の人気ゲームをグラボ別にフレームレートテストしているサイトのデータとなります。今回のデータはフルHD解像度、グラフィック最高設定、DirectX11 Verとなります。またCPUはCore i7-5960Xを搭載したパソコンで各種の動作計測をしています。

 

このデータではGTX1060でのテスト記録がありません。性能が近いGTX980をベースに考えると良いかと思います。GTX980では最高設定で平均して80fpsを維持しており最低値は65fpsとなります。パソコン構成によって若干のフレームレート値に違いが出てきますがGTX1060搭載PCだとこれに近いフレームレートを安定して出すことができると思われます。

 

最高設定で60fps以上を平均的に出したい場合は最低でもGTX970以上の性能がないと厳しいです。これを踏まえて続いてバトルフィールド1におすすめのゲーミングパソコンのスペックを考えてみたいと思います。

BF1(バトルフィールド1)におすすめのPC

最高設定×60fps以上を安定して出すならGTX970以上。もう少しフレームレートを高めて安定させたい場合はやはり推奨スペックにある通りGTX1060搭載PCが最適となります。ただし、あくまでフルHD解像度によるもの。2K、4K解像度で楽しみたい場合はGTX1060でも性能が足りないです。GTX1070、GTX1080といった最新世代の高スペックPCが必要となります。

 

自分の今持っているパソコンが性能不足の場合は自作するか、BTOでBF1が快適にできるスペックをもつパソコンを手に入れるようにしましょう。こちらのゲームパソコンおすすめランキングで紹介されている1位のPCならGTX1080×Core i7-6700Kといった最強の構成です。しかもメインメモリ32GBとBF1をプレイしながら別作業も余裕でこなせるメモリ容量となっています。

 

BF1おすすめPCまとめ

最高設定×60fps以上を出すならGTX970〜GTX1060が必要。それ以上のフレームレート、高解像度で遊びたい場合はGTX1070以上、もしくは900シリーズのSLI接続などでないと快適にプレイすることができません。

 

かなりのハイスペックPCが要求されているため古いグラフィックボード、CPUを搭載しているゲームPCは良い買い替え時期になるかもしれません。BTOなら下取りもできるメーカーがあるため下取り見積もりを出しつつ、予算を設定して要求スペックを満たすゲーミングPCを手に入れてください!