BF1を快適プレイするためにおすすめのグラフィック性能

BF1におすすめのグラフィックボード性能

BF1アルファのベンチマーク

 

海外のゲーム情報サイトである「Gamestar」が公表したBF1クローズドアルファのベンチマーク情報です。各主要グラフィックボードでフルHD、2K解像度によるフレームレートを記載しています。グラフィック設定はMedium、Ultraによる調査です。

 

最新グラフィックボードであるGTX1080だとフルHD×最高設定でも100fps以上を安定して出せる性能となります。また2KでもMedium設定なら144fpsを出せる能力があります。GTX1070になると若干ですがフレームレートが低下。特に解像度を上げるとGTX1080との差が如実に現れてきます。

 

それ以下の性能であるミドル、ローレンジ帯のグラフィックボード性能になるとフルHD×Medium設定なら快適なゲームプレイ可能ですがUltra設定や2K解像度になると少し苦しくなってきます。

 

こうやって見ると快適なプレイをするなら新しい世代のミドルスペック以上のグラフィックボードがBF1には最適となってきます。ローレンジになってくるとMedium設定だと60fps以上を安定的に出せますがFPSゲームはフレームレートの差で実力にも大きな違いが出てきます。

 

最低でも100fps以上は出してプレイしたいのでGeForceならGTX970以上、RADEONならRX480以上のグラフィックボード性能がオススメといえます。

 

またCPU性能でもフレームレートは±10前後変わってきたりします。Core i5シリーズだと少しフレームレートが低下してくると思われます。

 

ちなみに私はオープンβをGTX970×Core i7-6700でプレイしました。おおよそこのデータと似たような感じのフレームレートですがシナイ砂漠だとUltra設定でも80fps程度は安定して出せました。マップの作りこみによってフレームレートにも大きな影響を与えてきそうです。

 

またBF1はMedium、Ultraの間にHigh設定もあります。GTX970だと80〜110fpsといった感じで快適にプレイできました。